PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

鎮守府慰安所運用実態報告書のエッチまんが

スポンサーリンク
マンガ
記事内に広告が含まれています。

E&E (Eckert&Eich):鎮守府慰安所運用実態報告書が描くリアルな艦船の日常

 

艦船ファン必見!E&Eの『鎮守府慰安所運用実態報告書』を読んでみた

ねえ、最近、E&E(Eckert&Eich)の新刊、『鎮守府慰安所運用実態報告書』を読んだんだ。この本、なんとも興味深い内容で、鎮守府に存在する甲乙丙3種の慰安所についての詳細な報告書なんだ。

まず、この本の特徴は、写真付きの報告書という点。24ページにわたって、大和、時雨、扶桑、加賀、Z3、山風、空母ヲ級、戦艦レ級、Z1、羽黒、松輪、島風、鳳翔、ゴトランド、伊47、浦風、加賀、アトランタといった艦船の慰安所の様子が、単ページ、見開き、画像切り抜きの3つの形式で収録されているんだ。

読んでみて、その詳細な情報と写真に驚かされたよ。慰安艦が1分で身支度を整え、次の利用者を受け入れるという様子や、丙種慰安所の無料で提供されているサービス内容など、鎮守府の日常の一端を垣間見ることができたんだ。

E&Eのスタッフは、この報告書を通じて、鎮守府の慰安所がどのように運用されているのかを的確に伝えていると思うよ。興味深い舞台設定と、細部まで描かれた情報が、読者にリアルな体験を提供してくれるんだね。

『鎮守府慰安所運用実態報告書』は、艦船ファンや歴史愛好家にとってはたまらない一冊になること間違いなし!興味がある人にはおすすめですよ。

 

WEB SERVICE BY FANZA