PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケガレボシノカケラタチのエッチまんが

スポンサーリンク
マンガ
記事内に広告が含まれています。

大運動会後の秘密のエピソード、Vパン’sエクスタシーが描く新境地とは?

 

松浪さんの影響で揺れる心情、『ケガレボシノカケラタチ』感想!

あぁ、この作品、もうクセになるくらいの魅力が詰まっているんですよ。まず、サークル名がVパン’sエクスタシーってのが素敵すぎて、期待値が最初から高まりましたね。そして、タイトルの「ケガレボシノカケラタチ」、なんとも言えない雰囲気が漂っていて、読む前からワクワクしちゃいました。

物語の冒頭で繰り広げられる大運動会の出来事が、まるで昨日のことのようにリアル。心春と依吹のやり取りも、まるで友達との会話みたいで、なんだか私もその場にいる感覚がありました。そんな自然体な描写が、作品に深みを与えていると思います。

そして、あの密事のシーン、緊張感が漂う中での興奮ってのが、読者としてはたまりませんでしたね。松浪さんの影響で変わりつつある依吹の心情も、なんとも言えないドキドキ感を生み出しています。作者の筆致が織り成すストーリーに引き込まれっぱなしです。

ただ、一点気になったのは、松浪さんの影響で変わりゆく依吹の心情が、もっと掘り下げられると良かったなと感じました。もう少し細かい心の葛藤が描かれていれば、もっと深い感動があったかもしれません。

総じて、『ケガレボシノカケラタチ』は、友達にオススメしたくなるような作品でした。Vパン’sエクスタシーの魅力がこれでもかと詰まっているので、読んで損はないですよね。ますますこのサークルから目が離せなくなりそうですね。

WEB SERVICE BY FANZA

 

タイトルとURLをコピーしました